Khmer NX

ホーム

開設方法

KYC注意事項

取引・操作方法

リスティング情報

KhmerNX とは | About KhmerNX

01_ 世界最高基準のセキュリティ

COLD ウォレットの 2 重管理による、今だかつてないほどに強固なセキュリティー。 単純にウォレット自体に預けるよりも、Khmer NX に預けた方が、格段にコインを安全に保管することができる。


02_ CryMix (独自の価値交換エンジン)

独自のコアエンジンを開発し、世界最高クラスの高速送金、かつ最もパワフルで自由度の高 い価値交換システムを実現させた。他社取引所にも提供を行っており、CryMix のエンジンが 使われる場合には、Powered by CryMix と記載される。


03_ Khmer NX
  • ニックネームシステムで、送金ミスを防ぐ
    ウォレット送金相手の受信アドレスを入力すると、ニックネームが表示される。
    これにより、送金ミスを防ぐことができる
  • Khmer NX の基軸通貨である、WOWcoin を一定枚数持っていれば、手数料が半額に。
  • 驚異のスピード
    最速 0.037 秒で送金が完了。

文字入力について

必ず英語で入力する(アンドロイド携帯でChromeを使用した場合、自動翻訳されて日本語が表示される場合があるので注意。日本語は無視して英語入力)

名前、住所は英語表記の順で。
First name →名 /Last name→苗字
住所 Line1→番地、町 / Line2 →建物やマンション名と部屋番号

住所確認書類(免許証、パスポートなど)と必ず同じものを入力。マンション名など入っている場合は必ず入れる。

1. Khmer NX 登録

Khmer NX のホーム画面になります。

Sign up をクリックして、登録ページにお進みください。

① 基本情報を入力

② メール認証

③ 登録完了

2. サインイン

3. メール認証

4. KYC 登録

①My Pageをクリック

②Account Informationをクリック

③基本情報を入力

例)東京駅の場合
東京都千代田区丸の内1-9-1
→1-9-1, Marunochi , Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0005, Japan

④身分証の登録

⑤KYC登録完了

これで手続き完了です。認証されるまで、しばらくお待ちください。 ※取り引きには KYC 認証が必要となります。

画像について

  • IDの4辺、4隅が切れずに完全に確認できる。
  • 写真、文字が鮮明に確認できる。光や影や指など、他の物が写り込んでいない。
  • 加工されていない。
  • IDが有効期限内である。
  • 名前、住所、生年月日が入力内容と同一である。
運転免許証

表と裏の画像を2枚提出。

パスポート

  • 顔写真のページと住所のページの画像2枚を提出。
  • それぞれ見開きで4辺が切れないように
  • 住所ページに住所が記載されていること
  • 住所の記載がない場合は、公共料金の郵便物等、住所確認書類を添付する。
その他
  • 顔写真入りで、住所の記載があり、公共機関から発行されたもの。
  • 表と裏の画像2枚提出

NGの例

切れてる、ピンボケ、暗すぎる、小さすぎる、光や影が入っている、指などで隠されている、セルフィー

1. コインを買う

①トレードを選択

②情報を入力

コインを売る

①トレードを選択

②情報を入力

Khmer NX 内送受信方法

受信方法

① コインの選択

受信したいコインを選択します。

② Receive Payment を選択

③ 受信アドレスをコピー

Khmer NX 同士で送受信する際の専用アドレスです。このアドレスをコピーして、送信相手へお知らせください。

送信方法

① コインの選択

送信したいコインを選択します。

② Send Payment を選択

3 送信アドレスと、枚数を入力

④ 送信完了

これで送信完了です。送信履歴が表示されます。



WOWcoin – XEW

WOWcoin は、世界中で使われるペイメント機能を持った世界初のブロックチェーンである。
決済スピードはより速く、より世界中の決済に対応する。
また、トランザクション処理は、ストレスフ リーになることで、便利なショッピングペイメントが可能となった。



Katana – XEK

宇宙と、エネルギーと、あらゆるアプリと、インターネットと、独自 Blockchain と、つながる



CoinBuddy – XCB

特定動物や、海外から輸入される犬猫に関しては、既にマイクロチップの装着が義務づけられている。 国内の犬猫についても義務化が急がれている。
→ データの一元管理、セキュリティーの確保、不正改ざんされないことなど、中央管理では処理しき れない問題点があり、多くの企業が試みたが断念した。
そこで CoinBuddy は、埋め込まれたチップのデー タをブロックチェーンで管理する。



Siora – XSR

離しても動かしても給電できる、ワイヤレス給電装置をチップ化することに成功。
今後はKatanaチップがスマートフォンやEV車、産業用ドローンなどあらゆる形で利活用が想定される。



Milieux – MLX

永遠の想い出を、宇宙に。


Bitcoin – BTC
決済を目的とした決済通貨である。
基軸通貨として使われており、BTCを通して取引される。
2009年から始動しており、ブロックチェーンの原点とも言える存在。


Ethereum – ETH
スマートコントラクト(取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能)を実装したブロックチェーン・トークンを作ることに特化したプラットフォーム。


Ripple – XRP
レジャーシステムを使った価値交換プラットフォーム。
国際送金を変革すべく、世界中の銀行と協働している。情報が瞬時に移動できるのと
同じように価値が移動することを可能にし、「価値のインターネット」の実現を目指す。


Stellar – XLM
リップルは金融機関や、グローバル企業をターゲットにしてつくられている一方、ステラは個人間の利用を想定しており、海外の友人への送金や、海外のサイトでの買い物などに使用できるようにつくられている。


Libra – LBR
リップルの価値交換に対し、リブラは、「価値と、価値それ以上の価値」の交換をする。
これにより、当初のリップルの構想を継承する。
独自のシステムにより価値が上がり続けるコインを実現させた。


Cardano – ADA
PoS を使った独自ブロックチェーン。
スマートコントラクトの実装を目指している。
ICOの中で成功事例としても有名。


NEM – XEM
新しい経済圏の創出を目標として立ち上がったプロジェクト。
コンセンサスアルゴリズムに「PoI プルーフ・オブ・インポータンス」を採用している。
ユーザーの貢献度によって、報酬が分配される仕組みになっている。

開設はこちら